UV/可視分光:低温実験は、電子エネルギーレベルと固体中の振動モード間の相互作用を明らかにします。

赤外分光法:低温赤外分光法は、原子間の振動モードだけでなく、転移温度以下での超電導ギャップの現れといったその他の現象の測定に使用されます。

ラマン分光法:狭いライン内の低温測定の結果がラマン励起に関連します。

フォトルミネッセンス:低温では、スペクトルの特性は、よりシャープかつ高強度となり、入手可能な情報量が増加します。