GetReal™(ゲットリアル)

ばね定数を自動で校正

あなたの“身長は2.5V”だとか、休暇中に“体重が1.5V”も増えたとかは決して言いません。電圧は背丈や体重を測定するには不適切な単位です。適切な物理的な単位に変換されるまではその解釈が困難です。でも原子間力顕微鏡(AFM)の世界では、多くの人たちがカンチレバーの振れ、振幅、フォースが電圧で測定されることに慣れています。カンチレバーを校正する従来のやり方は、それほど容易ではなく、その理由は硬いサンプル表面が必要であったり、探針を損傷する危険性があったりするからです。アサイラムリサーチのGetReal 自動プローブ校正は、弊社のMFP-3D™とCypher™のAFMファミリーだけの特徴であり、この校正の仕方を簡便で安全で正確なものにします。電圧表示のままで満足せず、これからはGetRealを使いましょう!

  • カンチレバー感度とばね定数を校正
  • 自動プロセスは、速い、簡単、安全、かつ正確
  • AFMの結果をより矛盾のない定量的なものにします

 

 

 

 

 

 

 

InvOLS (inverse optical lever sensitivity); カンチレバーの感度 

More Software Features


	ARgyle

ARgyle

3D data analysis and rendering


	ARgyle Light

ARgyle Light

Offline advanced 3D image rendering and export


	GetStarted

GetStarted

Automated imaging


	MacroBuilder

MacroBuilder

Macro automation


	ModeMaster

ModeMaster

One click configuration