オックスフォード・ インストゥルメンツ社 顕微鏡学会ランチョンセミナーとAZtecセミナーのお知らせ
2018年5月22日

オックスフォード・ インストゥルメンツ社
顕微鏡学会ランチョンセミナーとAZtecセミナーのお知らせ

 

5月の展示会と6月、7月のセミナーをご案内します。

■ 【セミナー情報】 ランチョンセミナー 日本顕微鏡学会 第74回学術講演会
■ 【セミナー情報】 AZtecセミナー2018
■ 【セミナー情報】 日本電子 - オックスフォード・インストゥルメンツSEM-EDS/EBSD ジョイントワークショップ in 大阪 2018
■ 【展示会情報】 軽金属学会 第134回春期大会・日本地球惑星科学連合2018年大会・人とくるまのテクノロジー展(横浜)
■ 【装置講習会のお知らせ】
 

ランチョンセミナー 日本顕微鏡学会 第74回学術講演会

昨年は業界初CMOS搭載EBSD検出器Symmetry、ライブでのX線イメージングを実現したAZtecLive/UltimMaxと、新製品を続けて発売しました。今年のテーマは「高速分析」です。最新の「Speed!」を最新のハードウエアでご紹介します。
http://www.nksnet.co.jp/jsm2018/

日本顕微鏡学会 第74回学術講演会
ランチョンセミナー
「Speed Matters! ~X線ライブイメージングの転換期~
2018年5月29日(火)
12:00~13:00
久留米シティプラザ
G会場(5階 大会議室2)

学術講演
5月29日(火) 17:00~17:15
口演番号 1pF_I8-12
「CMOS素子を用いたEBSD検出器での高速・高分解能分析の可能性」
Trimby Pat, Goulden Jenny, 森田 博文, Bewick Angus
F会場にて

併設機器展示(学会期間中)
5月29日(火)~5月31日(木)
久留米シティプラザ 2階 ロビー

 
 

AZtecセミナー2018

AZtecセミナーの日程をお知らせします。
最新の研究で深みを増した基礎的知識とオックスフォード・インストゥルメンツの最先端システムをご紹介します。 微小領域分析の最先端は高速イメージングです。業界初のCMOS搭載EBSD検出器SymmetryとライブX線イメージングシステムAZtecLiveの最新情報をご案内します。
毎回ご好評いただいている招待講演、今回はEDS・EBSD各々のデータ解釈に必須なテーマです。

「CMOS & Live Imaging ~高速イメージングがもたらす新しい地平線~」

2018年6月22日(金)
13:00~17:10 (開場12:30)
オックスフォード・インストゥルメンツ(株)
セミナールーム(東京都品川区)
時間 講演内容
12:30-13:00 開場
13:00-13:10 開会のご挨拶
13:10-13:40 「CMOS EBSD 検出器の新ラインアップ」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
13:40-14:10 「Speed & Sensitivity X線ライブイメージング」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
14:10-14:30 「AZtecFeature自動粒子解析と規格化」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
14:30-14:45 「AZtecLive/Symmetryへのアップグレードの紹介」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
14:45-15:00 コーヒーブレーク
15:00-15:45 「EDSによる定量分析」
名古屋大学 博物館
束田 和弘先生
15:45-16:00 質疑応答
16:00-16:45 「対応粒界におけるシグマ値の組合せ規則」
東京理科大学 工学部
  宮澤 薫一先生
16:45-17:00 質疑応答
17:00-17:10 閉会のご挨拶

参加お申込みは下記URLをご覧ください
www.oxford-instruments.jp/AZtecSeminar2018

 

日本電子 - オックスフォード・インストゥルメンツSEM-EDS/EBSD ジョイントワークショップ in 大阪 2018

最新のサーマル型FE-SEMと新型EDS/EBSDのシステムによる高速観察・分析をワークショップ形式でご案内します。最新の「速さ」を実機にてご体験ください。今話題の低加速電圧による高空間分解能分析の例も講演にてご紹介します。
半日間のワークショップを2回開催します。お申込みの際はご希望の日程をお選びください。

超高速分析体験会 ~SEM-EDS/EBSDは新たなステージへ!~」

2018年7月24日 (火)および7月25日 (水)
12:45~17:30 (開場12:15)

【セミナープログラム】 両日共通
時間 講演内容
12:15-12:45 開場
12:45-12:50 開会のご挨拶
12:50-13:20 「新型EDSシステム AZtecLive によるリアルタイムケミカルイメージングと超高速分析」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
13:20-13:50 「CMOS型EBSDシステムと超高速分析」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
13:55-16:25 「ワークショップ」
日本電子株式会社
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
16:30-17:00 「ハイスループット高分解能SEMのご紹介」
日本電子株式会社
17:00-17:25 「光学顕微鏡、SEM-EDSリンケージテクノロジー」
日本電子株式会社
17:25-17:30 閉会のご挨拶
17:30-18:30 インターフェーシング(懇親会)
(ソフトドリンク、お菓子をご準備しております。ご質問タイムとしてもご活用下さい。)

ワークショップ 4グループに分かれて全テーマを順にご案内します。
テーマ1 ケミカルイメージングと超高速EDS分析
(実機操作:JSM-IT500HR + AZtecLive UltimMax100)
テーマ2 CMOSテクノロジーによる超高速EBSD分析
(実機操作:JSM-7200F + AZtecHKL Symmetry)
テーマ3 新型ハイエンドエントリーモデルによるSEM観察
(実機操作:JSM-IT200)
テーマ4 ウィンドウレスEDSを用いたバルクサンプルの超高空間分解能および極表面分析
(講演)

会場詳細、参加お申込みは下記URLをご覧ください
www.oxford-instruments.jp/JointWorkshop2018

 

学会展示情報

各装置の最新情報を各会場で紹介しています。
ぜひお立ち寄りください。

日本地球惑星科学連合2018年大会
http://www.jpgu.org/meeting_2018/
2018年5月20日(日)~5月24日(木)
幕張メッセ国際会議場
(〒261-0023 千葉市美浜区中瀬 2-1)

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 横浜
https://expo.jsae.or.jp/
2018年5月23日(水)~25日(金)
パシフィコ横浜・展示ホール
(〒220-0012神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
[小間番号 71]
株式会社ニコン/株式会社ニコンインステック殿のブースにてAZtecCleanシステムの紹介をしております。

軽金属学会 第134回春期大会
https://www.jilm.or.jp/convention/index
2018年5月26日(土)~27日(日)
熊本大学 黒髪南キャンパス
(〒860-8555 熊本県熊本市中央区黒髪2?39?1)

 

装置講習会のお知らせ

2018年度の講習会は受付中です。
装置ユーザーを対象に、原理説明から実機を使った分析まで実践的なトレーニングコースです。

日程はいずれも2日間、各回少人数で行ないます。
ご希望の日程がお決まりでしたらお早めにお申込みください。

 
 
講習会情報、お申込み: www.oxford-instruments.jp/na-training

講習会内容と日程
AZtecEnergy
 7月5日(木) ~ 7月6日(金)
 8月2日(木) ~ 8月3日(金)
 9月27日(木) ~ 9月28日(金)
 10月25日(木) ~ 10月26日(金)
 12月13日(木) ~ 12月14日(金)
AZtecHKL
 7月19日(木)~7月20日(金)
 8月23日(木)~8月24日(金)
 10月11日(木)~10月12日(金)
2019年
 1月24日(木)~1月25日(金)
INCA Energy
 7月12日(木) ~ 7月13日(金) 受付終了
INCA Wave
 7月26日(木) ~ 7月27日(金)
 9月13日(木) ~ 9月14日(金)

さらに詳しい情報については以下にお問い合わせください。

分析機器事業部
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8967
Fax: +81 (0) 3 6732 8939
Email: na-mail.jp@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究および産業用アプリケーションに焦点を絞り、ハイテクツールやシステムを設計し、提供およびサポートを行っています。当社の50年以上にわたるイノベーションこそが、成長と成功の背景における原動力であり、その戦略は、タイムリーかつ顧客からのご要望に応える製品を市場に投入することによって、アイデアを商用化することに成功しています。

オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業であるオックスフォード・インストゥルメンツ社の目標は、ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることです。主要な市場分野は、ナノ加工、ナノ材料が挙げられます。当社の戦略は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが交差する生命科学分野へと事業を拡大することです。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線・電子・レーザー・光学計測、原子間力顕微鏡、光学撮像、さらには先進的な膜成長・成膜およびエッチングプロセスなどの分野で、核となる技術を結集しています。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、保健衛生など地球規模の問題の取り組みに使われています。

© Copyright 2018 Oxford Instruments.