アサイラム リサーチ事業部よりMicroscopy and Analysisと合同ウェブセミナーのご案内 「超高速AFMで可能になる新しい研究のチャンス」
2017年5月15日


アサイラム リサーチ事業部より
Microscopy and Analysisと合同ウェブセミナーのご案内
「超高速AFMで可能になる新しい研究のチャンス」

弊社アサイラム リサーチ事業部より、Microscopy and Analysisとの合同ウェブセミナーのお知らせです。タイトルは「超高速原子間力顕微鏡(AFM)で可能になる新しい研究のチャンス」で、2017年6月8日午前0時(June 7, 2017, 8:00 am PDT)より行います。アサイラム リサーチのR&DディレクターのDr. Mario Vianiが、生化学反応、自己組織化、結晶成長、および将来的な研究のチャンスにおける、超高速AFMの探究にご興味を持たれるサイエンティストの皆さまを対象に講演いたします。登録は無料です。
https://www.oxford-instruments.com/AFM-webinarsよりお申し込みください。

このウェブセミナーでは、従来のAFMに比べて300倍速く、現在の“高速スキャニング”AFMより1ケタも速いイメージングが可能な、新製品の超高速AFMの性能をご紹介いたします。100ミリ秒以上の時間分解能で動画をキャプチャーできると、幅広い動的プロセスをAFMで調べることができるようになります。コラーゲンが繊維へリアルタイムで自己組織化する様子や、DNAが酵素で切断される様子、黒鉛上の界面活性剤ミセルのマイグレーションを含む予備的な結果をご紹介いたします。さらに、ポリマーの融解と再結晶といった関連実験を示し、この技術によって可能になるかもしれない将来的な研究のチャンスについて議論します。最後に、この実験で使用したアサイラム リサーチの新製品、業界初の超高速イメージングと多彩な特性解析・環境制御可能なAFM、Cypher VRSの設計について簡単に説明いたします。

“私たちはAFMのエキサイティングな時代にいます”とDr. Vianiは語ります。“フル装備で高分解能かつ操作が容易な超高速AFMはこれまでに存在しませんでした。ナノスケールの動的プロセスの研究のソリューションをお探しの、あらゆるサイエンティストの方々に、このウェビナーへ参加していただきたいです。新製品Cypher VRS AFMの大きな可能性の表面をほんのちょっと引っ掻いたにすぎません。新しい技術が、このように多くの新しい研究のチャンスを突然創出することはそんなにないことです。最初のユーザーの皆さまがどんな発見をされるか、非常に楽しみです。”

  DNase I 酵素タンパク質によりラムダダイジェストDNAを切断したようすの動画からのフレーム。イメージは、アサイラム リサーチのCypher VRS超高速AFMを用いて、毎秒625ライン、毎秒8.7フレームのフレームレートに対して320x64ピクセルで取得。  

さらに詳しい情報については下記までお問い合わせください。

オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
アサイラム リサーチ事業部
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8969
Fax: +81 (0) 3 6732 8939
Email: sales.asylum.jp@oxinst.com

© Copyright 2017 Oxford Instruments.