[開催直前]オックスフォード・インストゥルメンツ社 AZtecセミナーのご案内
2016年5月10日


[開催直前]オックスフォード・インストゥルメンツ社 AZtecセミナーのご案内です!

5月AZtecセミナーと6月顕微鏡学会のランチョンセミナーをご案内します。

■ セミナー情報 AZtecセミナー2016
■ セミナー情報 ランチョンセミナー 日本顕微鏡学会 第72回学術講演会
■ 展示会情報 軽金属学会 第129回春期大会、 日本地球惑星科学連合2016年大会
■ お知らせ 周期律表下敷きが新しくなりました

AZtecセミナー2016

AZtecセミナーの開催が近づいてまいりました。講演プログラムをお知らせします。
今回は「分析の極限へ」を副題として特に低エネルギー領域におけるX線の収集効率・解析能力・そして空間分解能の向上を極めたEDS分析技術の最前線をご紹介します。
人気の招待講演は以下のお二方を講師としてお招きしています。

 柴田 直哉 准教授(東京大学 大学院工学系研究科総合研究機構)
 吉村 雅満 教授(豊田工業大学 大学院工学研究科)

SEM-EDSだけでなく、STEM-EDSのユーザー様もぜひご参加ください。
 

X-MaxExtreme ~分析の極限へ~
2016年5月20日(金)
13:00~17:10(開場12:30)
オックスフォード・インストゥルメンツ(株)
セミナールーム
(東京都品川区)
プログラム
13:00-13:10 開会のご挨拶
13:10-13:30 「自動粒子解析システムAZtecFeatureのご紹介」
13:30-14:00 「SEM用ウインドウレスSDD X-MaxExtremeのご紹介」
14:00-14:20 「装置アップグレードのご案内」
14:20-14:45 「AFMを用いた強誘電体材料の圧電応答イメージング」
14:45-15:00 コーヒーブレーク
15:00-15:45 招待講演
「先進原子分解能STEMによる局所材料解析」

東京大学 大学院工学系研究科総合研究機構
准教授 柴田 直哉 先生
15:45-16:00 Q&A
16:00-16:45 招待講演
「天然及び人工ナノカーボンの物性評価と応用」

豊田工業大学 大学院工学研究科
教授 吉村 雅満 先生
16:45-17:00 Q&A
17:00-17:10 閉会のご挨拶

参加お申込みは下記URLにて受け付けております。
www.oxford-instruments.jp/AZtecSeminar2016
 

ランチョンセミナー 日本顕微鏡学会 第72回学術講演会

今年は仙台にて日本顕微鏡学会が開催されます。
昨年に引き続き、ランチョンセミナーを計画しております。SEM用ウインドウレスEDS X-MaxExtremeを中心とした最新の情報をご紹介します。ぜひご参加ください。
 
日本顕微鏡学会 第72回学術講演会
ランチョンセミナー
「EDS分析の垣根を超える
~低エネルギーX線の利用と空間分解能~」

2016年6月14日(火)
12:00~13:00


併設機器展示(学会期間中)
2016年6月14日(火)~16日(木)
仙台国際センター展示棟(予定)
http://www.microscopy.or.jp/conf2016/
 

学会展示情報

各装置の最新情報を各会場で紹介しています。
ぜひお立ち寄りください。

軽金属学会 第130回春期大会
http://www.jilm.or.jp/society/

2016年5月28日(土)~29日(日)
大阪大学 吹田キャンパス
(〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1)

日本地球惑星科学連合2016年大会
http://www.jpgu.org/meeting_2016/

2016年5月22日(日)~5月26日(木)
幕張メッセ国際会議場
(〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-1)
 

お知らせ

周期律表の下敷きが新しくなりました!
低加速電圧でのEDS分析ニーズの高まりにお応えし、加速電圧3.5kVにおける各元素の特性X線ライン表を追加しました。

表面は従来の周期律表、
裏面が3.5kVで使用可能なX線ラインの周期律表です。

セミナー、展示会などでお配りしております。
 

さらに詳しい情報については以下にお問い合わせください。

分析機器事業部
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8967
Fax: +81 (0) 3 6732 8939
Email: na-mail.jp@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究および産業用アプリケーションに焦点を絞り、ハイテクツールやシステムを設計し、提供およびサポートを行っています。当社の50年以上にわたるイノベーションこそが、成長と成功の背景における原動力であり、その戦略は、タイムリーかつ顧客からのご要望に応える製品を市場に投入することによって、アイデアを商用化することに成功しています。

オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業であるオックスフォード・インストゥルメンツ社の目標は、ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることです。主要な市場分野は、ナノ加工、ナノ材料が挙げられます。当社の戦略は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが交差する生命科学分野へと事業を拡大することです。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線・電子・レーザー・光学計測、原子間力顕微鏡、光学撮像、さらには先進的な膜成長・成膜およびエッチングプロセスなどの分野で、核となる技術を結集しています。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、保健衛生など地球規模の問題の取り組みに使われています。

© Copyright 2016 Oxford Instruments.