New Generation 2016 Triton 量子テクノロジー、極低温物理等に要求される高い冷却能力と高精度制御が可能となりました。
2016年3月8日

2016年Tritonは新しい世代に進化しました。Tritonシリーズは、世界で220台以上の販売実績のある人気システムです。量子コンピューター、スピントロ二クス、光学測定等、物性物理学の分野で、世界をリードする著名な研究者にご利用いただいております。New generation Tritonシステムは、高い冷却能力、ユーザーフレンドリーな設計、実験用配線に最適な構造等を有した、業界をリードする無冷媒希釈冷凍機システムです。

希釈冷凍機は、10mK(0.0001K)以下の極低温を必要とする物理実験等に使用されます。極低温環境は、未来の技術・テクノロジーへと繋がる、物質、デバイスの測定、理解、制御のために、利用されています。
今や極低温実験では、サンプル温度のみでなく特殊な測定に対応することが求められるようになってきました。キュービットの高周波制御、量子センサーの低ラディエーション測定、ポンププローブ実験での低振動測定、等々。これにより必要とされる広いサンプル空間、高い冷却能力を実現するべくnew  generation Tritonが開発されました。

最新の第7世代希釈冷凍機DU7は、使用するHe3ガス量を変更することなく、500 µW @100 mK ,15 µW @20 mK という高い 冷却能力を実現しました。Mixing Chamber下のサンプルスペースは、Φ290x240mmと広くなっております。これにより、配線、フィルタ、アッテネイタ等の取付が容易になります。また、より重く多様な超電導マグネットを取り付けることが可能となります。プレート間の新しいサポート構造により、低振動を実現し、振動に敏感な測定にも利用いただけます。

オックスフォード・インストゥルメンツ独自のボトム、トップローディング機構を使うことで、迅速なサンプル交換が可能です。

オックスフォード・インストゥルメンツ ナノサイエンスグループ マーケッティングディレクター Dr.John Burgoyneは、次のようにコメントしています。「量子コンピューター、量子技術、物性物理学分野の研究者に向けてnew generation Tritoをリリースできたことは喜びです。同時に、Nanonics Tramea量子トランスポート測定システムもリリースしておりますので、ご注目ください。我々の技術チームは、今後も低温物理分野の研究者をサポートするため、新製品開発のために、努力しつづけます。」

展示会情報:以下の展示会でnew 2016 Tritonを展示いたします。

DPG (Regensburg, Germany, 6-11 March), APS (Baltimore, MD, USA, 14-18 March), JPS (Tohoku Gakuin University, Japan, 19-22 March) and JSAP (Tokyo Institute of Technology, Japan, 19-22 March) Spring Meetings.