オックスフォード・インストゥルメンツ社 セミナー開催のお知らせ
2015年11月5日


オックスフォード・インストゥルメンツ社 セミナー開催のお知らせ

今月のウェビナーと学会、そして来年1月セミナーのご案内です。

■ ウェビナーのご案内
■ セミナー情報 ジョイントセミナー@独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校
■ 口演発表 第二回東アジア顕微鏡学会(EAMC2)
■ 展示会情報 軽金属学会 第129回秋期大会
 

ウェビナーのご案内 「Sub 20 nm material characterisation in the SEM」

最新FEG-SEM装置と分析技術により20nmスケールのEDSとEBSD分析が実現しました。マンチェスター大学とOxford Instrumentsが共同でウェビナーを開催します。
革新的な新技術の紹介と、TEMレベルにせまる高空間分解能分析の実演を行います。

このような方にお勧めします:
  • FEG-SEMによる20nm以下の対象物分析に興味がある
  • 対象物サイズの問題で、現行SEMでは形態観察にとどまっている
  • TEMでの業務をSEMに移行させたい
  • 高分解能FEG/FIB-SEMを使っている
  • 材料科学分野でナノスケールのEDS/EBSDに興味がある
  • SEM表面分析に興味がある
ウェビナーとは
インターネット上で行なうセミナーです。Webページを閲覧できる環境にあれば、どこからでもご参加いただけ、また事後にWebページにてセミナー資料の閲覧もできます。
セミナーへのご参加、および開催後の資料閲覧にはWeb上での登録が必要です。

題名
Sub 20 nm material characterisation in the SEM

開催日時
2015年11月20日(金)2:00AM
(2015年11月19日(木)17:00GMT)

お申込み方法
下記のウェブサイトで事前登録(Registration)を行なってください
http://www.oxford-instruments.com/businesses/nanotechnology/nanoanalysis/campaigns/sub-20-nm-resolution-in-the-sem


 

ジョイントセミナー @独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校

独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校、日本電子株式会社、オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社の共催セミナーです。
昨今、ナノ材料や複合材料、ファインマテリアルなどの分野で電子顕微鏡を用いた高倍率観察や微量元素分析・微小部膜厚分析・結晶方位解析のニーズが高まっています。
その中でも結晶方位解析は様々な分野で応用され、大きな注目を浴びる分析手法の1つとなっています。
今回のセミナーではこのようなFE-SEM観察、分析に関する問題を1台の装置で解決するための発表をさせて頂きます。また今年リリースされたばかりの最新装置についても、ご紹介致します。
奮ってご参加頂ければ幸いです。


ジョイントセミナー
『FE-SEM & EDS/WDS/EBSDセミナー
~高倍率SEM観察から元素分析・膜厚分析・結晶方位解析まで~』

2015年1月15日(木)13:00~16:30
独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校(会議室)


プログラム
12:30-13:00 開場
13:00-13:05 開会のご挨拶
13:05-14:00 「FE-SEMの基礎と観察活用例および最新SEMのご紹介」
日本電子株式会社
14:00-14:50 「EDS/WDSの原理と分析活用例および最新EDSシステムのご紹介」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
14:50-15:20 「装置見学会」
独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校
15:20-15:35 休憩
15:35-15:55 「EBSDの原理」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
15:55-16:25 「EBSD 最新応用例と大分高専での活用事例」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校
16:25-16:30 閉会のご挨拶
16:30- FE-SEM&EDS/WDS/EBSDに関する技術相談会
参加お申込みはE-mailまたはFAXにて受け付けております。
お申込みの際には、ご所属(会社名など)、お名前、電話番号、メールアドレスをご記載ください。

お申込み・お問い合わせ
独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校
総務課企画係
 TEL:097-552-6450
 FAX:097-552-6106
 E-mail:kikaku@oita-ct.ac.jp

会場
独立行政法人 国立高等専門学校機構 大分工業高等専門学校
会議室
〒870-0152 大分市大字牧1666番地

アクセス
●JR大分駅前から
大分バスで約20分
1.「大分駅前6番のりば(府内中央口)」または「中央通りフォーラス前6番のりば」
2.「大分駅前3番のりば(府内中央口)」または「「中央通りマクドナルド前3番のりば」
http://www.oita-ct.ac.jp/guide/access.html
 

口演発表 第二回東アジア顕微鏡学会議(EAMC2)

口演発表でSEMウインドウレスSDD、X-Max Extremeを紹介します。

第二回東アジア顕微鏡学会議(EAMC2)
2015年11月24日(水)~27日(金)
姫路商工会議所(兵庫県姫路市)
http://www.eamc2.org/

口演発表
11月27日(金)10:00 - 13:00
セッション B1-3:SEM(includes FIB/SEM)
会場:Room A
プログラムNo.B13-O-05
Low voltage EDS for sub-10nm spatial resolution elemental characterization in FE-SEM
Dr. Simon Burgess(Oxford Instruments)
 

学会展示情報

各装置の最新情報を会場で紹介しています。
ぜひお立ち寄りください。

軽金属学会 第129回秋期大会
2015年11月21日(土)~22日(日)
日本大学生産工学部 津田沼キャンパス 39号館(千葉県習志野市)
http://www.jilm.or.jp/society/
 

さらに詳しい情報については以下にお問い合わせください。

分析機器事業部
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8967
Fax: +81 (0) 3 6732 8939
Email: na-mail.jp@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツについて

オックスフォード・インストゥルメンツは、オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業です。ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることを目標とし、研究開発及び製造管理用のハイテクツールの設計・販売およびサポートを行ってまいりました。科学技術を通じて、開発に責任を持ち、本質を追求してきた50年以上にわたるイノベーションこそが、成長の背景における原動力となっています。

ナノ加工・ナノ材料の専門知識とアイデアを生かした製品を、低温・高磁場・核磁気共鳴・X線・電子・レーザー・光学計測・原子間力顕微鏡・光学撮像さらには先進的な膜成長・成膜およびエッチングプロセスなどの分野に向けて供給しています。

© Copyright 2015 Oxford Instruments.