オックスフォード・インストゥルメンツ アサイラム リサーチ事業部は10月21日、ウェビナーを開催いたします。 題目:“比類のないAFM ,CypherTM:近年のテクノロジーの進歩”
2014年10月20日


オックスフォード・インストゥルメンツ アサイラム リサーチ事業部は10月21日、ウェビナーを開催いたします。
題目:“比類のないAFM ,CypherTM:近年のテクノロジーの進歩”

2014年10月6日(サンタバーバラ,CA)―原子間力顕微鏡の技術リーダーであるオックスフォード・インストゥルメンツ アサイラム リサーチ事業部は10月21日に、“比類のないAFM,CypherTM:近年のテクノロジーの進歩”を題目としたウェビナーを開催いたします。Cypher AFMは新機能の開発に向けた類い稀なプラットフォームで、非常に優れた新しいAFMデータを産み出す手助けをした、驚異的な生産性を誇る装置であると認められてきました。アサイラムのサイエンティストである、ロジャー・プロクシュ博士とマリオ・ビアーニ博士が、Cypherが他のAFMを凌駕する最新の進歩について皆さまにご紹介いたします。

「Cypherは2008年にAFM技術で大きく飛躍しましたが、AFMの素晴らしさの一つは、いまだに技術の急速な進歩の途上であるということです。弊社の優れたサイエンティストたちはCypherをフルに活用し、技術的なリーダーシップをただ守るのではなく、実際に先へ先へと前進させました。」とアサイラム リサーチのプレジデントで共同創設者のプロクシュ博士は説明しています。「私たちは装置の開発だけでなく、AFMを活用することにも尽力してきました。このことで、私たちには、研究者たちがこの技術で直面する困難が理解できました。」とCypherプロジェクトマネージャーのビアーニ博士は付け加えました。「私はCypherが他のどんなAFMとも違っていると躊躇なく言えます。本当にCypherを使うことが喜びなのです。以前は試してみようとも思わなかったことが、今ではごく普通に取り組もうという気持ちになるのです。」

ウェビナーでは過去一年間にされたCypherの進展についてフォーカスします。性能を大きく向上させた、タッピングモードの新しいカンチレバーの励振メカニズムである、blueDriveTMフォトサーマル励振も紹介いたします。貯蔵弾性率やロスタンジェントを測定する機能をもつ、タッピングモードの利点をすべて融合したAM-FM粘弾性マッピングモードについても議論する予定です。また、GetRealTMやGetStartedTMのような新機能が、どのように新規のユーザーや長い間AFMをご使用されてきたユーザーの双方を補助し、いかに迅速に簡単に結果が得られるのかについてお話しする予定です。これらの進展を説明するのに有効なエキサイティングな新規データも多数含める予定で、特に弊社の環境制御型AFMのCypher ESによる結果に重きをおいて紹介いたします。セッションは日本時間10月22日午前0時から(現地時間10月21日午前8時~)と、10月22日午前9時から(現地時間10月21日午後5時~)のものがございます。いずれもwww.asylumresearch.com/webinarsよりお申し込みください。

以上

さらに詳しい情報については下記までお問い合わせください。

布川 雅子
マーケティング・コミュニケーションズ・マネージャー
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8961
Fax: +81 (0) 3 6732 8937
Email: masako.nunokawa@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社 アサイラム リサーチ事業部について

オックスフォード・インストゥルメンツ社アサイラム リサーチ事業部は、材料やバイオサイエンスの応用のための、原子間力顕微鏡(AFM)におけるテクノロジーリーダーです。アサイラム リサーチのAFMは、材料科学、物理学、高分子、化学、トライボロジー、生体材料、およびバイオサイエンスにおける、さまざまなナノサイエンスの応用に利用されています。そこにはエネルギー貯蔵/生成、低次元構造材料、および生物物理学における非常に新しいアプリケーションも含まれます。

アサイラムのMFP-3D AFMファミリーは、広範囲の性能、アプリケーションおよび予算に対応した4種類の異なるモデルが揃っております。新製品のMFP-3D Infinityは、MFP-3Dファミリーの旗艦モデルであり、最高の性能、最もシンプルな操作、および最も広範囲の機能を提供しています。MFP-3D Classicは中程度の予算に対応する、元のMFP-3Dを原型とした現行モデルですが、他の多くのAFMを凌駕する性能の高さと多様な機能を提供します。MFP-3D Originは最も手ごろな価格のモデルで、多数のアクセサリーの利用と先進機能へ簡単なアップグレードパスにより、MFP-3D Classicと同等の性能を得ることができます。最後に、MFP-3D-BIOは、生物学やフォトニクス研究のアプリケーションのための、倒立型光学顕微鏡に搭載するAFMです。

Cypherは、最高分解能の高速スキャニングAFMで、標準仕様のCypher Sと環境制御仕様のCypher ESの2機種取り揃えています。CypherファミリーAFMは、今日存在する中で最も正確な像取得と測定が可能な低ドリフトのクローズドループイメージング、微小カンチレバーを用いた高速イメージング(従来の20倍以上)、非常に優れた操作性、温度変動・音響ノイズ・振動ノイズの一体防御、これらすべてを小さい設置面積の中で行えます。Cypher AFMは、結晶格子の原子点欠陥やDNAの二重らせんのイメージングによって示されるように、他のAFMに比べて常に高い分解能をルーチンで達成することができています。

Cypher ESはCypher Sの驚異的な性能の上に、ガスや液体による雰囲気制御、温度制御機能と化学的適合性の強化が追加されています。

AFMが最高性能を有することに加えて、アサイラム リサーチは、AFMの使用年数に関係なく比類なきカスタマーサポートを提供するとともに、装置所有を維持するうえで最も低いランニングコストになるよう、AFM業界をリードする装置保証を提供しております。アサイラムはアメリカ、ドイツ、イギリス、日本、フランス、中国および台湾そして世界各地のオフィスに、セールス、アプリケーションおよびサービススタッフを有しています。

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究および産業用アプリケーションに焦点を絞り、ハイテクツールやシステムを設計し、提供およびサポートを行っています。当社の50年以上にわたるイノベーションこそが、成長と成功の背景における原動力であり、その戦略は、タイムリーかつ顧客からのご要望に応える製品を市場に投入することによって、アイデアを商用化することに成功しています。

オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業であるオックスフォード・インストゥルメンツ社は、世界中に2300人以上のスタッフを抱えるグローバル企業として、FTSE250 INDEXとしてロンドン証券取引所(OXIG)に上場しています。ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることが当社の目標です。主要な市場分野は、ナノ加工、ナノ材料が挙げられます。当社の戦略は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが交差する生命科学分野へと事業を拡大することです。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線、電子・光学計測、さらには先進的な膜成長・成膜及びエッチングプロセスなどの分野で、核となる技術を結集しています。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、保健衛生など地球規模の問題の取り組みに使われています。

© Copyright 2014 Oxford Instruments.