【西日本特集】オックスフォード・インストゥルメンツ社 事務所移転とジョイントセミナーのご案内
2014年8月19日

■ 大阪事務所 移転のご案内
■ ジョイントセミナーin新大阪

大阪事務所 移転のご案内
8月18日にオックスフォード・インストゥルメンツ株式会社の大阪事務所を移転いたします。
新事務所は御堂筋線 江坂駅から徒歩3分とアクセスが良好となりました。
今後とも一層のご支援賜りたくよろしくお願い申し上げます。

新住所:
〒564-0051 大阪府吹田市豊津町11-34 第10マイダビル6F
地下鉄御堂筋線・北大阪急行 「江坂」駅徒歩3分

TEL:06-6338-1213
FAX:06-6387-0955
ジョイントセミナー in新大阪
SEM-EDSのアプリケーションは金属などのハードマテリアルの例が多いのですが、実際の製品などでは高分子などソフトマテリアルを含む複合材料が多く存在します。ソフトマテリアル分析のキーは「いかに電子線ダメージを回避するか」。今回はソフトマテリアルを含んだ試料を例に、電子線ダメージの少ない分析のポイントなどをご紹介します。

一方、AFMは、コーティングや染色することなく表面の凹凸の観察ができるだけでなく、粘性・弾性といった機械特性の分布を確認することができます。近年はその物性の定量性を追求した手法が開発され工業材料への応用が大きく期待されています。

セミナーではその他XRFなどの装置もご紹介します。開催前後に実機見学時間を設けておりますので、普段お使いでない装置に触れていだだく機会となれば嬉しいです。講演後のインターフェーシングではお飲物、お菓子をご準備しております。講演内容のご質問や感想など、ぜひお聞かせください。
ジョイントセミナー in 大阪
「ソフトマテリアルの表面観察と元素分析」
2014年9月17日(水)
13:00~17:30 (開場12:00)
日本電子株式会社 西日本ソリューションセンター
(大阪府大阪市淀川区西中島5丁目14番5号
ニッセイ新大阪南口ビル1階) 地図

【アクセス】
JR新大阪駅 中央口 徒歩5分
地下鉄御堂筋線 新大阪駅南口(7番出口) 徒歩2分
プログラム
12:00-13:00 開場
13:00-13:10 開会のご挨拶
13:10 -14:05 「超高分解能FE-SEMを用いたソフトマテリアル観察」
日本電子株式会社
14:05 -15:00 「大口径EDS、マルチEDSを用いたソフトマテリアル表面分析」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社 分析機器事業部
15:00 -15:10 コーヒーブレーク(休憩、質問タイム)
15:10 -15:50 「AFMを用いた高分子材料の表面観察」
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社 アサイラムリサーチ事業部
15:50 -16:20 「XRFを用いたバルク有機材料中ハロゲン元素の定量分析」
日本電子株式会社
16:20 -16:25 閉会のご挨拶
16:25 -17:30 実機見学、インターフェーシング
参加お申込みはホームページまたはE-mailにて受け付けております。

1. ホームページ
下記の弊社ホームページにて必要事項を記載し、送信してください。
www.oxford-instruments.jp/JointSeminar2014

2. E-mail
必要事項(お名前、貴社名、ご所属、ご住所、電話番号)をご記載の上、受付メールアドス(na-mail.jp@oxinst.com)宛に送信してください。

さらに詳しい情報については下記までお問い合わせください。

布川 雅子
マーケティング・コミュニケーションズ・マネージャー
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8961
Fax: +81 (0) 3 6732 8937
Email: masako.nunokawa@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

 オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究および産業用アプリケーションに焦点を絞り、ハイテクツールやシステムを設計し、提供およびサポートを行っています。当社の50年以上にわたるイノベーションこそが、成長と成功の背景における原動力であり、その戦略は、タイムリーかつ顧客からのご要望に応える製品を市場に投入することによって、アイデアを商用化することに成功しています。

 オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業であるオックスフォード・インストゥルメンツ社は、世界中に2300人以上のスタッフを抱えるグローバル企業として、FTSE250 INDEXとしてロンドン証券取引所(OXIG)に上場しています。ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることが当社の目標です。主要な市場分野は、ナノ加工、ナノ材料が挙げられます。当社の戦略は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが交差する生命科学分野へと事業を拡大することです。

 オックスフォード・インストゥルメンツ社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線、電子・光学計測、さらには先進的な膜成長・成膜及びエッチングプロセスなどの分野で、核となる技術を結集しています。

 オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、保健衛生など地球規模の問題の取り組みに使われています。

Copyright 2014 Oxford Instruments.