オックスフォード・インストゥルメンツ アサイラム リサーチ事業部は、パワフルな新機能と驚異的な高性能を有するMFP-3D Infinity AFMを発表
2014年4月24日

Release date: 2014年4月24日


オックスフォード・インストゥルメンツ アサイラム リサーチ事業部は、パワフルな新機能と
驚異的な高性能を有するMFP-3D InfinityTM AFMを発表

 
2014年4月16日―オックスフォード・インストゥルメンツ アサイラム リサーチ事業部は、新製品のMFP-3D Infinity原子間力顕微鏡(AFM)を発表しました。MFP-3D InfinityはMFP-3DTM AFMファミリーの新しいフラグシップモデルで、ナノメカニカル特性の新しい計測機能や、タッピングモードによる観察を簡便に開始できる新しい特長が加わり、性能が劇的に改善されました。MFP-3D Infinityは、ルーチン的なイメージング、野心的な研究プロジェクトのどちらにおいても、研究への無限の可能性を持ちながら、実に多種多様な用途において最適なツールとなります。
「MFP-3D Infinityは、クローズドループスキャニングや低ノイズAFM測定の先駆けとなった初代のMFP-3Dから拡張、進化したものです。」とプロジェクト・マネージャーのDan Bocekは述べています。「開発チームのAFMの物理や技術に関する優れた知識を総動員して、まさに画期的な性能の改善を果たしました。私たちはXYセンサーノイズを70%も減らし、Zセンサーノイズを85%以上も削減しました。システム全体のフロアノイズは今やわずか20pmで、初代MFP-3Dの3分の1にすぎません。実際的な利点は、当社のお客様が、MFP-3Dファミリーの比類のない多機能性を享受しつつ、より高い分解能に今や到達できてしまうということです。この性能と柔軟性の取り合わせにかなうAFMは他にありません。」

ハイレベルソフトウェアのマネージャーであるJason Bemisは次のように言い添えています。「私たちは、この新しいハードウェアの潜在能力を際立たせ、かつその性能や使いやすさを大幅に強化・改善するソフトウェアの新機能も導入しました。当社の新しい高速フォースカーブマッピングモードでは、フォースカーブの高速取得と解析が可能になります。また、GetStartedTMと呼ぶ、その“取りかかる”という言葉が示す通りの新機能も開発しました。これにより、スキャンのまさに最初の1ライン目から、ユーザーは高品質なタッピングモードイメージを得られるようになります。」
 
MFP-3D Infinityの特長は、広い90μmスキャナステージと、高速化とノイズ低減のためにAFMヘッドの近くに配置された全く新しい制御エレクトロニクスにあります。柔軟なシグナルスイッチング機構とプログラム制御可能なロジックは将来的なオプションへの拡張を可能にしています。新設計のヘッドおよびスキャナーは、センサーノイズ(Z方向に<35pm、X&Y方向に<150pm)が大幅に改善され、より細かなフォース制御とイメージングの高速化のための周波数帯域がより拡大されました。トップビューとボトムビューの光学系は、サンプルの特徴的な箇所の正確な特定を可能にする、広い視野での観察と回折限界分解能を提供します。

GetStartedはAFMの生産性を大きく向上させます。それは、直感的に使用することができる新しい特長で、タッピングモードイメージングのパラメータ(セットポイント、ゲイン、スキャン速度など)を、サンプルの凹凸やカンチレバー校正値に基づいて自動的に設定し、ビギナーの方でも容易に測定できるようになります。反復最適化のスキームとは異なり、GetStartedはロバストな予測アルゴリズムを使用しています。そのため、その他のスキャンを支援する最適化ルーチンで一般的によく見受けられる探針やサンプルの損傷といった問題はなく、最初のスキャンラインから正確なデータがもたらされます。


高速フォースマッピングでイメージングを行った、ポリスチレン(E'~3GPa)-ポリカプロラクトン(E'~350MPa)ブレンド。弾性率のコントラストが3D形状像の上に示されています。4μmスキャン。
新しい高速フォースカーブマッピングモードの登場により、高速フォースカーブ測定においても、アサイラムが今まで研鑽してきたフォーススペクトロスコピー市場でのリーダシップとその専門技術が生かされることになります。最大300Hzのピクセルレートで操作しながらも、カーブの欠落や、陰でのデータ補正の実施といったことなくイメージの全てのポイントにおいてフォースカーブを取得します。リアルタイムおよびオフラインの解析モデルにより、弾性率、付着力および他の特性が算出され、それらはユーザーアクセスが可能です。NanomechProTMツールキットのひとつとして、この高速フォースマッピング機能は、AM-FM粘弾性マッピングモードおよびコンタクト共振粘弾性マッピングモードと相補的な役割を果たす技術になります。

MFP-3D InfinityはすべてのMFP-3Dアクセサリと互換性を有しています。アサイラムのMFP-3Dは、温度可変やガス置換や溶液中といった試料環境の制御や、磁場や引張・圧縮の応力を外部から印加する実験など、幅広い用途に対応した斬新なアクセサリの提供をしています。このことは、高頻度かつ多様なユーザーが機器利用する共通利用施設において理想的です。これらの広範囲な用途に対応し革新的で、それでいて実用的かつユニークなMFP-3Dのアクセサリは他の追随を許しません。

MFP-3D Infinityのさらに詳しい情報や、新機能の全容、スキャンテクニック、およびアクセサリについては、http://www.asylumresearch.com/Products/MFP3DInfinity/MFP3DInfinity.shtmlでご覧いただけます。お見積りやお問合せはsales.asylum.jp@oxinst.comまでメールでご連絡ください。

さらに詳しい情報については下記までお問い合わせください。

布川 雅子
マーケティング・コミュニケーションズ・マネージャー
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8961
Fax: +81 (0) 3 6732 8937
Email: masako.nunokawa@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社 アサイラム リサーチ事業部について

アサイラム リサーチは、材料やバイオサイエンスの応用のための、原子間力顕微鏡(AFM)および走査型プローブ顕微鏡(SPM)における技術リーダーです。1999 年に設立され、ナノサイエンスやナノテクノロジーのための革新的な機器開発に専念してきました。アサイラム リサーチのスタッフ全員の経験年数を累積すると、300年以上にもなります。アサイラム リサーチのAFMは、材料科学、物理学、高分子、化学、生体材料、およびバイオサイエンスにおける、さまざまなナノサイエンスの応用に利用されています。そこには生体材料、化学検出、高分子、コロイドに作用する力、吸着などのフォース測定だけでなく、DNA上の単一分子のメカニカルな実験、タンパク質アンフォールディング、高分子弾性他も含まれます。

比類のない精度や柔軟性をもつ、アサイラムのMFP-3D™ファミリーは、AFM技術のスタンダードになっています。MFP-3Dファミリーは、現在4種類の製品がございます。MFP-3D Originは性能と手ごろな価格をかね備えた製品で、フルアップグレードも可能です。フルMFP-3Dは最も幅広い多様なモードおよびアクセサリをもつ性能を提供いたします。MFP-3D-BIO™は市販の倒立型光学顕微鏡と融合させた、先進のバイオサイエンス研究のための唯一のフルの性能を装備したAFMです。さらに、MFPナノインデンター™は定量測定のための、唯一の真の計装化ナノインデンターです。

Cypher™ AFMは、最高分解能の高速スキャニングAFMで、現在は環境制御も取り揃えております。イメージや測定の中で今最も正確なものが欲しいとのご要望に対して、ドリフトの少ないクローズド・ループの原子分解能をもつAFMを提供します。さらに点欠陥の“真の”原子解像度、微小レバーでの20倍以上速いACイメージング、Spot-On™自動レーザー・光検出器アライメントで容易なセットアップが可能で、一体型の熱・音・振動の防御エンクロージャも装備し、すべての主要なAFM/SPMのスキャニングモードおよび能力のすべてを幅広くサポートしています。

アサイラム リサーチは、比類のないカスタマーサポートを提供しております。アサイラム はグローバルなセールスおよびサービスを展開しており、ドイツ、イギリス、日本、上海、台湾にオフィスがあります。

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究および産業用アプリケーションに焦点を絞り、ハイテクツールやシステムを設計し、提供およびサポートを行っています。当社の50年以上にわたるイノベーションこそが、成長と成功の背景における原動力であり、その戦略は、タイムリーかつ顧客からのご要望に応える製品を市場に投入することによって、アイデアを商用化することに成功しています。

オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業であるオックスフォード・インストゥルメンツ社は、世界中に2300人以上のスタッフを抱えるグローバル企業として、FTSE250 INDEXとしてロンドン証券取引所(OXIG)に上場しています。ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることが当社の目標です。主要な市場分野は、ナノ加工、ナノ材料が挙げられます。当社の戦略は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが交差する生命科学分野へと事業を拡大することです。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線、電子・光学計測、さらには先進的な膜成長・成膜及びエッチングプロセスなどの分野で、核となる技術を結集しています。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、保健衛生など地球規模の問題の取り組みに使われています。オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、健康など地球規模の問題の取り組みに使われています。

© Copyright 2014 Oxford Instruments.

 

関連するリンク