Monthly Newsletter 2013年12月号
2013年12月10日


目次:
TEM用の新しいEDS検出器を発売! - 分析機器事業部
原子間力顕微鏡のイメージングおよびナノメカニクスのためのblueDriveTM フォトサーマル励振法を発表  - アサイラム リサーチ事業部
天王洲アイルの新オフィスにて業務を開始しました!
 

 

TEM用の新しいEDS検出器を発売! - 分析機器事業部

分析機器事業部では業界最大規模の有効検出面積を誇るX-MaxNシリーズEDSシステムやEBSD・WDSなどの走査型電子顕微鏡(SEM)用・透過型電子顕微鏡(TEM)用分析装置の販売・サービスを行っています。

X-MaxN 100TLE



TEM用EDSに大口径シリコントドリフト検出器(SDD)、X-MaxN100TLEが新登場。
より多くのX線を受光するために新設計のSDDセンサーを搭載しました。軽元素分析に適した「ウインドウレス仕様」の次世代SDDです。

  • 微量元素の検出への応用 - 不純物やドーパントのナノスケール分析
  • 電子線に弱い試料への応用 - ナノ粒子、ナノチューブ
ナノメートルの高分解能が必要とされるフィールドエミッション型のTEMなどに最適なEDS検出器です。
ウェブページではLED用AlGaNナノワイヤの分析例を紹介しています。ぜひご覧ください:
http://www.oxford-instruments.jp/products/nanoanalysis/eds/eds-for-tem/x-maxn-100-tle-(1)?src=mn


AZtecLAM 広域EDS/EBSDマップ ~ 8月リリースの新機能 ~

AZtecは電子顕微鏡に搭載してEDS/EBSD分析を行なう総合分析プラットフォーム。
AZtecLAM はEDSおよびEBSDの連続視野マップの収集、統合を行なうオプションソフトウエアです。高分解能(μmスケール)のマップ情報をもとに、それらを統合した広域(mmスケール)マップで化学組成/結晶構造のダイナミクスを調べることができます。

μmスケールからmmスケールのマッピングを1枚で:
http://www.oxford-instruments.jp/products/nanoanalysis/eds/eds-for-sem/eds-software-aztecenergy?src=mn

 

 

原子間力顕微鏡のイメージングおよびナノメカニクスのためのblueDriveTM フォトサーマル励振法を発表  - アサイラム リサーチ事業部

2013年11月20日 - オックスフォード・インストゥルメンツ社 アサイラム リサーチ事業部は、アサイラムのCypherTM専用のオプション、blueDriveTM フォトサーマル励振を発表しました。blueDriveはタッピングモードを非常にシンプルにし、かつ信じがたいほどの安定性と、驚異的な正確さを与える技術です。blueDriveは従来の圧電音響励振メカニズムに取って代わるもので、ブルーレーザーを利用して、AFMカンチレバーを光熱的に励振します。その結果、大気中および液中で理想的なカンチレバードライブ応答を示し、タッピングモード・イメージングで、顕著な特性と使い易さを提供します。

詳細につきましては、オフィシャルサイトにてご確認ください。
http://www.oxford-instruments.jp/news/2013/november/asylum20131122

 

 

天王洲アイルの新オフィスにて業務を開始しました!

既に皆様にお伝えしている通り、オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社とグループ会社であるオミクロン ナノテクノロジー ジャパンは、10月21日に天王洲アイルに移転しました。本社住所および、各事業部の連絡先は、下記の通りです。

【本社】〒140-0002 東京都品川区東品川3丁目32番42号 ISビル

◆分析機器事業部 TEL:03-6732-8967 FAX:03-6732-8939
◆オミクロン ナノサイエンス事業部 TEL:03-6732-8966 FAX:03-6732-8938
◆半導体製造装置事業部 TEL:03-6732-8971 FAX:03-6732-8939
◆アサイラム リサーチ事業部 TEL:03-6732-8969 FAX:03-6732-8939
◆インダストリアル・アナリシス事業部 TEL:03-6732-8970 FAX:03-6732-8939
◆MRI事業部 TEL:03-6732-8972 FAX:03-6732-8937
◆経理部 TEL:03-6732-8963 FAX:03-6732-8937
◆HRグループ TEL:03-6732-8962 FAX:03-6732-8937
◆マーケティング コミュニケーションズ TEL:03-6732-8961 FAX:03-6732-8937
◆大阪営業所 〒532-0003
大阪市淀川区宮原3-3-11 新大阪プラザビル2F
TEL:06-6350-0555

詳細につきましては、オフィシャルサイトwww.oxford-instruments.jpからご確認ください。
 

 

さらに詳しい情報については下記までお問い合わせください。

布川 雅子
マーケティング・コミュニケーションズ・マネージャー
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8961
Fax: +81 (0) 3 6732 8937
Email: masako.nunokawa@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究及び産業用アプリケーションに焦点を当てたハイテクツールやシステムを設計、供給、サポートしています。当社の製品は、高度な技術が必要な基礎物理の研究分野にソリューションを提供し、ナノテクノロジーにおける商用アプリケーションへの橋渡しに貢献しています。当社は、50年以上にわたりイノベーションを続け、成長と成功を得てきました。タイムリーかつ、顧客の要望を捉えた製品を、市場に投入することによって、これらのアイデアをうまく商用化するという成果をもたらしています。 元々、50年以上前にオックスフォード大学の研究所から端を発したベンチャー企業である、オックスフォード・インストゥルメンツ社は、世界中に2000人以上のスタッフを抱えるグローバル企業になり、FTSE250 INDEXとしてロンドン証券取引所(OXIG)に上場しており、研究及び産業分野のための新世代ツールとシステムのリーディングプロバイダーです。 当社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線、電子・光学計測、さらには先進的な膜成長・成膜及びエッチングプロセスなどの分野でコア技術を結集させています。 オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、健康など地球規模の問題の取り組みに使われています。

© Copyright 2013 Oxford Instruments.