Textilesオックスフォード・インストゥルメンツの卓上型核磁気共鳴(NMR)は、この10年間、繊維判定の仕上げのための世界中の業界標準となっています。ポリアミド、ポリエステル、ナイロンなどの合成繊維は静電気や摩擦を減らすだけでなく、他の物理的特性を向上させるために、オイルベースの​​コーティング(スピン仕上げまたはOPU)をスプレーします。

コー​​ティングレベルの判定は、製造プロセスを最適化するために不可欠です。卓上型NMRは仕上げ量の測定のために、清潔で、迅速かつ正確な技術であり、時間を消費したり有害な化学物質を使用したり、また熟練した検査技師が必要とされrる伝統的な湿式化学法ではない、新たな現実的な選択肢です。また、NMRは触媒抽出によって正確に測定されているものより低い仕上げレベルを測定することができます。