世界のポリマー産業は、開発された新しいアプリケーションと新素材で成長を続けています。


ポリスチレン、PVC、より珍しいワックス変性ポリマーシステムなどの一般的な商品かどうか、再現性があり、環境に配慮しているか品質管理試験をする必要性があります。

核磁気共鳴(NMR)は、世界中の多くのポリマーがある国で、簡単で迅速なコントロールのために幅広く使われています。

アプリケーションの例としては、ポリプロピレン中のキシレン可溶分に影響、変性ポリスチレンのポリブタジエンの量に結晶性ポリスチレンで鉱物油の測定を含みます。

詳細については、下記のアプリケーションをクリックしてください。

 

オックスフォードは、EDS分析システム「AZtecEnergy」、「INCAEnergy」、WDS分析システム「INCAWave」、EBSD分析システム「AZtecHKL」の計4種類の装置講習会を下記の内容にて開催いたします。2日… https://t.co/B6SWcPMELw
10:46 午後 - 26 3 18
さらにTweetを見る