最大250倍の速さになったMQCアナライザーを通して、私たち、急成長している世界規模のバイオ燃料産業を支援し、ソックスレー抽出およびクロマトグラフィーのような従来の方法を用いた危険性触媒と熟練オペレータの必要性を省いています。

  • 卓上型の非破壊シングル・シード・アナライザーを使用することで、シードブリーダーは、最長5年間でバイオ燃料用の高含油種子の繁殖を促進し、最大含油単一種子を選択することができるようになります。代表的な種子はジャトロファとカメリナアールです。;当社の幅広いアプリケーション機能によって、ほぼすべての種子を特長づけることができます。詳細はここをクリックしてください。
  • 卓上型種子アナライザーを使うと、種子協同組合やバイオ燃料の粉砕業者あるいは加工業者は、高速かつ正確にバイオ燃料の種子の油と水分含有量を測定することができます。これによって、農家が油の含有量に応じて代金を受け取ることができるようになり、最高品質のバイオ燃料を生産するために、油と水分の含有量によって粉砕/油処理が最適化されます。詳細はここをクリックしてください。
オックスフォードは、EDS分析システム「AZtecEnergy」、「INCAEnergy」、WDS分析システム「INCAWave」、EBSD分析システム「AZtecHKL」の計4種類の装置講習会を下記の内容にて開催いたします。2日… https://t.co/B6SWcPMELw
10:46 午後 - 26 3 18
さらにTweetを見る