卓上型NMR MQCアナライザーと鉱物粉末を使って鉱石中のフッ素の測定

フッ素を含む蛍石、アパタイト、氷晶石などの鉱物が広く(フッ化水素酸の製造、フルオロポリマーなど)化学業界で使用されています。フッ素の天然源、金属(鋼、アルミナ加工)、など。フッ素含有量は、このような鉱物粉末の処理に重大な影響を持っており、最適な処理を確保し、潜在排出量を制御するための有毒なフッ素ガスの濃度を知ることが不可欠です。

私たちの卓上型NMRアナライザのMQCシステムは、粉末および鉱石中のフッ素を測定し、速くて簡単に、そして正確な方法を提供します。NMR法は、化学物質との複雑な試料調製を使用する必要はありません。

さらなる情報については、当社のアプリケーション·ノートをダウンロードしてください: 粉末中のフッ素含有量の測定