触媒コンバーターのリサイクル

 

セラミックベースの自動車用触媒コンバーターは、貴金属の白金(Pt)、パラジウム(Pd)、ロジウム(Rh)を含んでいます。貴金属が高価なため、触媒コンバーターのスクラップ値が高くなっています。使用済みコンバーターはリサイクルされています。 - ハニカムコアは、微粉末に削除、粉砕され、その後、純粋な貴金属を抽出するために製錬される、あるいは精製業者に直接販売されます。

これらのプロセスは、正確な価格付けをするため、Pt、Pd、Rhの含有量の正確な分析が必要です。X-MET7000シリーズは、触媒粉末中のPt、Pd、Rhを高速かつ正確な測定を提供するポータブル蛍光X線分析装置です。 - 自動車用触媒コンバーターのリサイクル・精製プロセスのさまざまなステージにおいて、、少量の試料による最大の生産性と利益を提供します。

作り付けの合金分析モード(標準付属)で、必要なときにスチール製のハウジングも分析しグレード付けすることができます。

 

すべての使用可能なリサイクル金属が抽出された後に残った残渣を、カドミウム(Cd)と水銀(Hg)のような有害元素をスクリーニングし抽出もできます。存在する場合はそれらを抽出でき、サイトを残して廃棄物が環境を汚染する可能性が何も含まれていないことを証明できます。