認証と保全のための蛍光X線(XRF)を用いたアート、アーチファクト、アンティーク分析

 

アート、アーチファクト、アンティーク分析は、アイテムが何で作られるかを識別するために、非破壊で、迅速かつ簡単に蛍光X線(XRF)法を使用して行うことができます。

XRFを用いたアート、アーチファクト、アンティーク分析は、オブジェクトまたはピースの価値を判断するのに役立ちます。 庭で見つけられた1200年前の鐘から宝石まで、その元素組成から違うグローブパーツがトレースでき、18世紀の写真は、今では冗長なプラチナとパラジウムのテクニックを使用して撮影されています。

XRF分析は、アンティークやアーチファクトが作られた材料を決定することにより、本物の作品またはレプリカであるかどうか、芸術作品をテストすることができます。

絵画の顔料を分析する蛍光X線を用いたアート、アーチファクト、アンティークの分析は、異なった顔料、様々なアーティストによって歴史の中で別の期間中に使用されたとして、誰によって、顔料が作られたかの答えを提供することができます。これらの材料は、場所、日付、アーティストによって異なる場合があります。このプロセスは、アーティストに関する既知の情報と比較した場合、任意の偽造やコピーかを認識することができます。

S同様に、銅や他の金属で作られた陶磁器や小片を分析することは、内部構造がどのアンティークのメカニズムと同様なのかを見ることができるようにすることによって、小片が作成された時代を判断するのに役立ちます。

XRFを用いることは、アート、アーチファクト、アンティークの分析は、評価、文書化および評価のために重要であり、どの時代と図像のアイテムか正しい位置を確保するのに役立ちます。