スクラップ金属の選別は、高速で正確、​​オンサイトの分析が必要です。


スクラップの最高価格を実現するためには、入荷品と出荷品の両方のスクラップの分析が必要です。
蛍光X線(XRF)分析は、最高の効率と最も一貫性のある製品と最高価格とを非破壊検査を通じて達成するために、スクラップメタルの選別とリサイクル産業で広く使われております。

ハンドヘルド蛍光X線分析装置によるスクラップ金属の選別

頑丈なハンドヘルド 蛍光X線分析装置 X-MET7000シリーズは、ステンレス、工具鋼および低合金鋼、ニッケル、チタン、銅、コバルト、アルミニウム合金を含むさまざまな金属合金の重要な元素を測定するスクラップ選別のための分析装置です。
合金に対してX-METを設置しトリガーを引くと、最適な金属スクラップ選別が行われ、数秒後に化学組成および合金グレードが表示されるので、使用方法は簡単です。

光学発光分光法(OES)を用いたスクラップ金属の選別

OESのアナライザーは、スクラップ金属の選別やリサイクルに際して、ppmレベルでの炭素、ホウ素、硫黄やリンなどの元素を決定するのに、ポータブル蛍光X線を使用することはできません。

 

このアプリケーションのプロダクト

ハンドヘルド蛍光X線(XRF)分析装置 - X-MET7000シリーズ

ハンドヘルド蛍光X線(XRF)分析装置 - X-MET7000シリーズ

広範囲にわたる産業のための信頼性のある正確な材料分析のためのXRFアナライザー

卓上型OES金属分析 - Foundry-Master シリーズ

卓上型OES金属分析 - Foundry-Master シリーズ

卓上型OES金属分析 - Foundry-Master シリーズ