卓上型NMR MQCアナライザーを用いて耐衝撃性ポリスチレン中のポリブタジエンを測定

ポリスチレンは、世界で最も一般的に使われているポリマーの一つです。純粋なポリスチレンは硬質で脆弱ですが、その性質は変化しやすいものです。
変化させるための一つの手段は、重合プロセスにポリブタジエンを導入することです。得られたポリマーは、ポリスチレンの大変な硬さを有していますが、エラストマー相由来の耐衝撃性が大幅に改善されています。

耐衝撃性ポリスチレン中のポリブタジエンのレベルを制御しを監視することは、必要な機械的性質を得るために重要です。

私たちの卓上型NMRアナライザー MQCシステムを用いれば、耐衝撃性を改良されたポリスチレン中に含まれるポリブタジエンの量を、早く、簡単に、正確に測定することができます。

さらなる情報をご覧になられる場合は、当社のアプリケーション·ノートをダウンロードしてください:耐衝撃性ポリスチレン中のポリブタジエンの測定

 

オックスフォードは、EDS分析システム「AZtecEnergy」、「INCAEnergy」、WDS分析システム「INCAWave」、EBSD分析システム「AZtecHKL」の計4種類の装置講習会を下記の内容にて開催いたします。2日… https://t.co/B6SWcPMELw
10:46 午後 - 26 3 18
さらにTweetを見る