卓上型NMR MQCアナライザーを使用してPVC中の可塑剤を測定

塩化ビニル(PVC)は、最も製造される一般的なポリマーの一つです。純粋なPVCは硬質であり脆弱ですが、他の添加剤と一緒に可塑剤を添加することによって、非常に柔軟なものから非常に硬質なものまで、さまざまな物理的特性を持つ材料を作り出すことができます。 PVCの可塑剤の含有量は、柔軟性を持たせるための主要な要因です。そのため、再現可能な機械的な動作を得るために、可塑剤のレベルを測定することが必要になります。

私たちの卓上型NMRアナライザー MQCシステムを用いれば、耐衝撃性を改良されたポリマーに含まれる可塑剤の量を、迅速かつ簡単に、正確に測定することができ、世界をリードするポリマーの企業の多くの製造工場において、生産管理のために日常的に使用されています。