卓上型NMR MQCアナライザーを使用して、結晶ポリスチレン中の油を測定

今日において、ポリスチレンは最も一般的に製造されるポリマーの一つです。純粋なポリスチレンは、高結晶性と剛性を持ち合わせており脆弱です。柔軟性を高め、材料の脆弱性を低減する1つの方法は、鉱油とポリマーを混ぜ合わせることです。使用される鉱物油の量の正確な制御は、適切な性能の再現性を確保するために必要です。

私たちの卓上型NMRアナライザー MQCシステムを用いれば、結晶ポリスチレン中の鉱物油の量を迅速かつ簡単に、正確に測定することができます。

さらなる情報をご覧になる方は私たちのアプリケーション・ノートをダウンロードしてください。: 結晶ポリエステル中の鉱物油

 

オックスフォードは、EDS分析システム「AZtecEnergy」、「INCAEnergy」、WDS分析システム「INCAWave」、EBSD分析システム「AZtecHKL」の計4種類の装置講習会を下記の内容にて開催いたします。2日… https://t.co/B6SWcPMELw
10:46 午後 - 26 3 18
さらにTweetを見る