Meat Speciation | Pulsar | NMR | Oxford Instruments卓上型NMRを使った肉の種分化

  • 肉認証の問題は次のとおりです。
    • 製品のリコール、;ブランドの損傷、;売上の低下
    • 消費者からの信頼の失墜
  • 例:
    • 公示されていない馬の肉と牛肉のすり替え
  • 動物組織のトリグリセリドの脂肪酸成分は、種間で異なることが知られてます。
  • 60MHzにてPULSARの1 H(プロトン)NMRスペクトルにおけるこの種間差はオレフィン共鳴(5~5.8ppm)の違いとして見ることができ、総不飽和脂肪含有量の尺度となります。

 

オックスフォードは、EDS分析システム「AZtecEnergy」、「INCAEnergy」、WDS分析システム「INCAWave」、EBSD分析システム「AZtecHKL」の計4種類の装置講習会を下記の内容にて開催いたします。2日… https://t.co/B6SWcPMELw
10:46 午後 - 26 3 18
さらにTweetを見る