アサイラム リサーチは3月21日(日本時間)にウェビナーを開催いたします。

会場:
日本
日付:
2014年3月21日
参加する事業部:
アサイラム リサーチ


アサイラム リサーチは3月21日(日本時間)にウェビナーを開催いたします
“blueDriveTMフォトサーマル励振による原子間力顕微鏡イメージングおよびナノメカニクス”

 

マイカ上のポリスチレン/ポリカプロラクトン・ポリマー薄膜のAM-FM粘弾性モジュラスマッピングで、形状の上に粘弾性をカラー表示しています。イメージはCypher S AFM に搭載したblueDriveフォトサーマル励振を使用してとりました。ラインスキャンレートは2Hz,スキャンサイズは5μm。カラーバーの単位がGPaであることにご注意。

オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社アサイラム リサーチ事業部(サンタバーバラ,CA)は、3月21日(日本時間)に題目 “blueDriveフォトサーマル励振による原子間力顕微鏡イメージングおよびナノメカニクス” のセミナーを開催いたします。blueDriveはアサイラム リサーチの世界最高性能を誇るCypherで利用できる新規のオプションです。これにより、タッピングモードイメージングの操作が非常にシンプルになり、安定性が格段に高まり、驚くほど正確になりました。

「このウェビナーは、この素晴らしい新技術の背後にあるサイエンスについてもっと学びたい意欲のあるAFMの利用者にとって、この上ない学びの機会となることでしょう。毎日のタッピングAFMイメージングをより簡単にとれるようにし、さらに定量的なものにしてくれます。」と、アサイラム リサーチのアプリケーションサイエンティストであるAleks Labuda博士は述べています。「カンチレバーの振動理論を勉強しなおしたい方々には、このウェビナーは、さらに学ぶことができ、そして質問もできる、最高の機会になるでしょう。」

ウェビナーではタッピングモードの利点や課題、カンチレバーの応答およびピエゾドライブの理論、カンチレバーの励振にblueDriveを使用する利点、導入法、および材料やライフサイエンスのアプリケーションにおける実例について議論する予定です。このウェビナーは、現在AFMを利用しているすべての方、初心者から上級者の方まで、またこの新しいテクニックの背後にある物理やサイエンスを学びたい方々にとって理想的な場になります。

1時間のウェビナーセッションを2回実施(内容は同一)し、それぞれに質疑応答の時間を設けています。日本は、祭日で絶好の機会かと思います。是非ともこの機会にご視聴頂きたくお願い申し上げます。

8:00amからのセッション(日本時間3月21日午前0時~1時)の申し込みはこちら:
https://www3.gotomeeting.com/register/405218014

4:00pmからのセッション(日本時間3月21日午前8時~9時)の申し込みはこちら:
https://www3.gotomeeting.com/register/752737982
 

さらに詳しい情報については下記までお問い合わせください。

布川 雅子
マーケティング・コミュニケーションズ・マネージャー
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8961
Fax: +81 (0) 3 6732 8937
Email: masako.nunokawa@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究および産業用アプリケーションに焦点を絞り、ハイテクツールやシステムを設計し、提供およびサポートを行っています。当社の50年以上にわたるイノベーションこそが、成長と成功の背景における原動力であり、その戦略は、タイムリーかつ顧客からのご要望に応える製品を市場に投入することによって、アイデアを商用化することに成功しています。
オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業であるオックスフォード・インストゥルメンツ社は、世界中に2300人以上のスタッフを抱えるグローバル企業として、FTSE250 INDEXとしてロンドン証券取引所(OXIG)に上場しています。ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることが当社の目標です。主要な市場分野は、ナノ加工、ナノ材料が挙げられます。当社の戦略は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが交差する生命科学分野へと事業を拡大することです。
オックスフォード・インストゥルメンツ社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線、電子・光学計測、さらには先進的な膜成長・成膜及びエッチングプロセスなどの分野で、核となる技術を結集しています。
オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、保健衛生など地球規模の問題の取り組みに使われています。

© Copyright 2014 Oxford Instruments.