オックスフォード・インストゥルメンツ(Oxford Instruments PLC)は英国オックスフォードにて1959 年設立し、以来超電導・極低温・半導体装置等の製造販売・サービスを行っております。1980 年に世界で初めて全身イメージング用の超電導マグネットを開発し、1989 年にはMRI マグネット製造部門を独立しOxford Magnet Technology(OMT)社を設立、2003年にはSiemens 100%出資となりSiemens Magnet Technology(SMT)社へ社名変更、2010 年以降現在はSiemensPLC として通算30 年以上に渡り世界トップシェアメーカーとしてMRI マグネットを供給し続けています。

日本法人のオックスフォード・インストゥルメンツ株式会社は1991 年に設立され、これまで20 年間に渡りアジア地域のMRI 用超電導マグネットの製造・販売・サービスを受け持ち、現在はフィールドサービスのブランド名をMax(Magnet Expert group) Asia とし、アジアで唯一の認定サービスプロバイダーとして超電導マグネットのフィールドサービスを行っております。

#顕微鏡学会 弊社のランチョンセミナー大盛況でした。 参加して下さった皆様ありがとうございました。 そして、弊社はより良い製品を皆様に届ける事が出来るよう日々研鑽してまいります。 pic.twitter.com/VKk1wf1Llz
5:39 午前 - 29 5 18
さらにTweetを見る