会社の発展概要

  • 2012: Fermi(フェルミ)SPM - 30 K~400 Kの温度範囲におけるSPM(走査型プローブ顕微鏡)
  • 2011: ARGUS -次世代半球アナライザー
  • 2010: LT NANOPROBE - 低温で4つのSTMによる最終段階までのナノプロービング
  • 2009: 極低温STMとベクトル回転可能なフィールド(ボトムローダーコンセプト)
  • 2009: 極低温SFM(ボトムローダーコンセプト)
  • 2007: LT STM -T<5 Kでの低温UHV STMおよびAFM
  • 2007: NanoESCAの R&D100受賞
  • 2004: MATRIX SPMコントロールシステム - modular hard - und software concept
  • 2003: UHV Gemini ColumnにおけるNanoSAM Lab &NanoESCAの開発
  • 2001: UHV Gemini Column --- ヘリウムIII での極低温SFM
  • 2000: MBEと解析システムの導入
  • 1999: UHV NANOPROBE -4つのSTMによる最終段階までのナノプロービング
  • 1998: VT AFMビームディフレクションの着手
  • 1995: LT STM(低温STM)の着手
  • 1995: 新しいVT STM に対する R&D100受賞
  • 1995: LS STM(Large sample STM)の着手
  • 1995: 触針センサの着手
  • 1994: STM/SEM/SAMを組み合わせたシステム
  • 1994: 初の VT STMを提供
  • 1992: UHV AFM
  • 1990: Micro STM
  • 1987: STM 1:初のUHV STM
  • 1984: SPECTALEED