/

このウェブセミナーは、デバイス製造やエネルギー貯蔵、オプトエレクトロニクスにおいて、より高い分解能、すぐれた感度および、より定量的な結果を可能にする、二次元材料のキャラクタライゼーション向けAFMの、パワフルな最新のテクニックについて取り上げます。スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の准教授であるAndras Kis博士および、アサイラム...

11月に開催される4つの学会付設展示会やワークショップなどへの出展についてご案内いたします。アサイラム リサーチは日本表面科学会実用表面分析セミナー、日本バイオマテリアル学会シンポジウム、日本生物物理学会年会、日本表面科学会表面科学学術講演会に参加いたします。皆さまのご来場をお待ちしております。

弊社アサイラム リサーチ事業部は10月24日に物質・材料研究機構にて開催される第86回先端計測オープンセミナーにて講演を行う事となりました。弊社AFMシステムを用いた機械特性および電気特性の評価についてご紹介いたします。是非ご参加いただけますようお願いいたします。

11月8日(火)に開催するアサイラムAFMセミナーのご案内です。本年7月22日に行われた同内容のセミナーを好評につき追加開催いたします。本セミナーは、アサイラムAFMの最新情報だけでなく、AFMを用いたメカニクス計測の研究で著名な東京工業大学・中嶋健先生のご講演や、クライオミクロトームをはじめとする試料作製技術の紹介を行い、多角的な視点で高分子材料のA...

10月から11月上旬に開催される4つの学会付設展示会やワークショップなどへの出展についてご案内いたします。アサイラム リサーチはKanazawa Bio-AFM Workshop、AsiaNano、日本表面科学会第4回関東支部セミナー、ナノテスティングシンポジウムに参加いたします。

アサイラムのコストパフォーマンスに優れた新しい原子間力顕微鏡(AFM)用プローブで、サンプル表面をサーフィン。 “Econo Board™ Probes” は、アサイラム リサーチの新しいAFMプローブのプロダクトラインであるSurfRider™...

アサイラムのアプリケーションサイエンティストであるTed Limpoco博士が、下記の要領でウェブセミナーを行います。彼の長年にわたる、プローブを選択する上での経験と知識をお伝えすることで、皆さまの測定に適したプローブの選択に関して、お役に立てることと思います。

9月初旬に幕張メッセにてJASIS2016が開催。ブース出展と新技術説明会で参加します。新技術説明会は2セッション、AFMを用いた機械特性評価と電気特性評価技術について紹介いたします。AFMは、形状観察に加えて表面の様々な物性情報をナノメートル分解能で取得できるのが大きな特長です。

本日付けで、弊社は交通利便性の高い日本橋人形町エリアに日本橋ラボを開設し、AFMビジネスの業務拡大のため、アサイラム リサーチ事業部のデモンストレーションおよびカスタマーサポート機能を移転いたしました。

来月7月22日(金) に、新設の日本橋ラボで開催するアサイラムAFMセミナーのご案内です。 本セミナーは、アサイラムAFMの最新情報だけでなく、AFMを用いたメカニクス計測の研究で著名な東京工業大学・中嶋健先生のご講演のほか、クライオミクロトームによる試料作製技術の紹介を行い、多角的な視点で高分子材料のAFM解析へアプローチすることを目的としており...

6月に開催される2つの学会の付設展示会出展や講演についてご案内いたします。第54回日本接着学会年次大会、日本表面科学会実用顕微評価技術セミナー2016に参加いたします。

このウェビナーでは、薄膜材料のキャラクタリゼーションにおける最新の原子間力顕微鏡(AFM)の強い可能性を探り、また、走査スピードや感度、および操作性における近年の進歩についてレビューします。講義では、幅広い実用的なアプリケーションを浮き彫りにするような例と共に、薄膜材料における電気物性、機械物性、その他の機能物性の応答に関する評価法について紹介いたしま...