主要ハイライト

  • 1989年に世界初の非コントローラーベースの科学研究用カメラを開発
  • 1991年に世界初の永年真空封じ切り分光分析用高感度検出器を開発
  • 1994年に世界初のICCD(インテンシファイアCCD)実装の検出器を発表
  • 2001年にEMCCD(電子増幅型CCD)技術を発表
  • 2009年に科学計測用CMOS(sCMOS)を導入

企業理念

アンドールのこれまでの成長と成功は3つの企業理念により成り立っています:

  • カスタマーフォーカス
    アンドールのビジネスは常にお客様が中心です;当社の成功はお客様の成功でもあります。お客様のフィードバックを常に研究し、弊社の製品やサービスの質の向上を目指します。フィードバックがございましたら是非当社にご連絡ください。
  • イノベーション
    アンドールは現状に甘んじることなく、最高の製品とサービスを常に提供するためにイノベーションを起こすことに励みます。当社は高性能カメラ市場において多数のイノベーションをもたらした実績がございます。
  • チームワーク
    アンドールはお客様、社員、販売代理店、サプライヤーからなるチームを企業運営で欠かせないステークホルダーであると認識し、チームワークの向上によって成功を分かち合い、また倍増すると信じております。

アンドールの施設

アンドール最大の施設は北アイルランドのベルファストにあり、4,650㎥の新設された工場でカメラ・分光器・顕微鏡システムが開発・製造されています。ベルファストの施設には光学・電子・機械向けワークショップ、214㎡のクラス1000・クラス1000クリーンルーム、真空・電子処理施設を完備しています。また、アンドールは営業・技術サポートの施設を世界規模で整えており、お客様の現在地に関わらず対応致しております。日本における営業・技術サポートはこちらまでご連絡ください。